Earthling Foundation メールマガジンバックナンバー

2018年1月27日発行:VOL2
◇◆☆彡◇◆☆彡◇◆☆彡◇◆☆彡◇◆☆彡◇◆☆彡◇◆☆

 Earthling Foundation ★ mailmagazine
    VOL.2 
 
  エハン・デラヴィ/愛知ソニア
   
◇◆☆彡◇◆☆彡◇◆☆彡◇◆☆彡◇◆☆彡◇◆☆彡◇◆☆

暦の上では「大寒」を迎えましたが、皆様は如何お過ごしでしょうか?
いやはや…、暦だけでなく本当に「おお、寒っ(略して大寒…)」ですよね。

ですが、「Earthling Foundation」メルマガVOL.2は、そんな寒さを吹き飛ばすぐらいの「興味深い情報」が盛りだくさんです!
今回のテーマは「繋がり(つながり)」。
天使と繋がり、地球と繋がる。
そして、「アイルランドと古代エジプト」も繋がっている!?
愛知ソニアさんとエハン・デラヴィさんの「情熱のこもった記事」を、どうぞお楽しみください。
ストーブ? こたつ? そんなもの、このメルマガを読めば「いらなくなります」!

*★*――――*★*目次*★*――――*★**★*

【VOL.2】
(1)アイルランドで天使と繋がりましょう!
 愛知ソニア
(2)アイルランドと古代エジプトには「繋がり」がある!?
 エハン・デラヴィ
(3)エハン・デラヴィ「ローナの臨死体験」
(4)2月5日(月) エハン・デラヴィ 
 スピリチュアルTV 20時~出演
(5)Earthling FoundationのサイトOPEN!
(6)「アーシング活動を広げよう!」Facebookグループ立ち上げ
(7)セミナーのお知らせ

*★*――――*★**★**★*――――*★**★*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆アイルランドで天使と繋がりましょう!☆ 愛知ソニア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年からスタートすることになりました。私たち夫婦のメルマガ配信に多くの方々がお申し込みしてくださいまして、誠にありがとうございます。

私は新年明けの1月4日から2月に開催します「MAOアカシックオラクルコース」の準備に毎日励んでおります。

さて、今年はなんだか早々から強烈なエネルギーを感じています。皆さんはいかがでしょうか?

日本でも草津白根山が只今噴火中ですが、フィリピンのマヨン山も激しく噴火していますね。2日程前は、アラスカを震源とする7.9の地震が発生し、米国とカナダ西海岸一帯に一時的に津波警報が出ました。
環太平洋一帯が今とても不安定な状態にあることはたしかです。この状態は通常の太陽活動の活発化とは関係ないようです。地球のポールシフトに関連した微妙に自転速度が遅くなっていることに関係しているのかもしれませんね。

2018年早々から私たちに起きたことがすでにたくさんありますが、なかでも今年の夏にアイルランドを旅するワークショップが決定したことはとても喜ばしいです!

アイルランド在住のローナ・バーンさんから守護天使とつながる手ほどきを3日間直接受けることができるようになりました。

ニューグレンジとタラの丘などの古代遺跡やお城もこの旅では訪れます。興味深いことには、フランス北西部ブルターニュ地方の有名な巨石列と、イギリスのストーンヘンジ遺跡、そしてアイルランドのニューグレンジは、一直線上にある地球のレイラインを示しています。よって、ニューグレンジはパワースポットでもあるわけです。超古代の人々がどのようにこの一直線を見いだしたのか?
上空からしか確認できないはずです。この一直線は、ひょっとすると、地球外生命体たちが太古の昔に地球に訪れたとき、彼らの‘乗り物’の滑走路だったかのしれませんね。

さて、天使とつながることには、誰もが関心があると思われます。
私たちの場合は、教会に通うようになった頃からうすうす天使の存在を感じられるようになりました。それで教会に行くのか? まあ、私の場合は聖書について学べることと、
天使に今日は会えるかな? という期待もあります。
『人間が共に祈る場に天使たちは現われやすい』と、何かの本で読んだことがあります。

私たちの場合は、天使コンタクトは嗅覚を通して訪れました。なんとなく美しいバラの花の香りが漂ってきたりするので、教会で祈っている人たちの中で香水をつけている人がいないか探してみても、それらしき人はいない! といった具合にです。

また、バラとかハッキリわかる香りでない場合が多いです。なんともいえない人間界にはない微妙な美しい香りなのです。とくに夫は、よくその香りに気づきます。
ヨガのクラスでヨガをやっているときや、車の中で急にふわっと漂ってくることもあります。もっぱらエハンさんは、天使コンタクトのためにヨガクラスに私についてくる!(笑)

最近とても不思議な現象がありました。

夜消灯してからベッドから部屋の片隅を見ると、直径10センチくらいのオーブが輝いていて、一時間ほど見入っていると消えました。ちっちゃなUFOみたいでしたよ!

このように、嗅覚コンタクトから、ヴィジュアルコンタクトに発展してきているのかもしれません。以前プレアデスの存在たちは、『オーブは今のところ人間界には写真でしか写らないでしょうが、やがて肉眼で見えるようになります』といっていたのは、このようなことなのでしょうか?

‘天使と宇宙人’コンタクトは、私のライフワークでもあります。

そもそも‘天使とET’とは、ソースが同じかもしれないと思うことさえあります。2010年米国で行なわれた「ニールセン調査」によると、国民の70パーセント以上の人が、天使の存在を信じているようです。

ETコンタクトは私の「プレアデスシリーズ」の中でもお伝えしているように19才のときの臨死体験から始まっていました。1993年頃からプレアデス星人コンタクトが始まり、チャネリングを通してメッセージを受け取るようになりました(詳しい経緯はまたいつか)。プレアデスの存在(意識集合体)たちは、『あなた方が3次元の肉体を離れる時期が来ると、
私たち、プレアデス星人が次の次元へとエスコートします』と、メッセージで伝えてくれたことがあります。

私が今年翻訳する予定になっていますローナ・バーン著の‘Angels at my fingertips’では、
『天使たちは、人生の過酷な経験をしているときに助けてくれます』とあります。また、この本の中でローナさんは、天使たちそれぞれの特徴を詳しく述べられています。さらには、天使たちがどのような行動をし、神や他の天使たちとどう関わり、また、人間が死を迎えるときにどのようにあの世との橋渡しをするかなど詳しく書いてあります。

このようにプレアデス星人たちと天使たちの役割について、私の中では共通点をいくつも見いだすことができます。この夏ローナさんから直接天使コンタクトの手ほどきを受けること、今からワクワクしています!

皆さんもご一緒しませんか? 
なんと一日でワークショップ参加希望者が定員を満たしました!
こんなこと今までなかったです。やはり天使ちゃんたちが応援してくれているのかしら?
ご一緒される方々、どうもありがとうございます! お会いするのをとても楽しみにしています! 昨夜の夢の中では、すでに皆さんとアイルランドを旅していたのですけれど……。お会いしたこともないご夫婦が現われるとはどういうこっちゃ(笑)

昨日は、あと数名ご一緒できる方々が増えてもいいなと、枠を広げることにしました。それでローナさんの秘書に掛け合い、アイルランドのホテルにも連絡していました。
実は夏のアイルランドは観光客にとても人気があり、もうすでに多くのホテルが埋まっている状態にあります。

『アイルランドの天使に出会う旅』またとないチャンス(私たちは同じ海外ワークショップをなんどもすることは過去にはありませんでしたから)ですので、ピンときた方は、お早めにお申し込みを! 詳しいご案内は以下のリンクからです;↓
アイルランド ツアー(詳細はこちら)
※おかげさまで定員となりました。キャンセル待ちご希望の方は、リンク先のお問合せよりご連絡ください。

◎愛知ソニア◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆アイルランドと古代エジプトには「繋がり」がある!?☆ エハン・デラヴィ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは、エハンです。

ソニアが今回ここに書いた内容は、とても興味深いですね。
昔から私たちが互いに関心のある共通のテーマは、「エンジェルとエイリアン」だったのですが、同じ存在の二つの側面ではないかと、僕は確信しております。
そして、やはり古代の人々は、このことをよく理解していた社会構造があったように思われます。その中で、おそらくまちがいなく、古代エジプト文明は最も高度に発展したようです。

そこでなんと、アイルランドとエジプトには深い絆があるということを、皆さんはご存じだったでしょうか?

実はそうなんですが、もちろん一般の歴史的な認識は得られていません。

まず、アイルランドとエジプトとのつながりについての詳しい内容は、私が書いた「地球巡礼者 人類が進むべき道 」(講談社2009)に詳しく書いたと思います。または、「キリストとテンプル騎士団」(明窓出版2006)にも書いたと覚えています。

要するに、イクナートン(アトン神を喜ばせる者の意)という名の古代エジプト第18王朝10代目の王であるファラオ (BC1362)の話になりますが、彼が最初の一神教「アトン崇拝」を創立させたことによって命を狙われ、歴史から消え去りました。しかし、彼の愛する娘は後に「スコティア」という名で記録されているのですが、その娘と夫と子どもは、エジプトを去って亡命します。その行き先はスペインで、スコティアの子孫たちは、最終的にアイルランドにたどり着きます。そして古代エジプトの儀式や考え方を、さらには言語をアイルランドに伝えました。よってアイルランドは、古代エジプトの影響を受け継いでいるといえるのです。
アイルランドでは、人々はもちろん英語を話しますが、ゲール語(ケルト語派)を話しますね。私は半分スコットランド人で半分アイルランド人なのですが、ゲール語は話せません。ゲール語のルーツは、北アフリカ言語に属しているとよくいわれています。したがってあの島に最初にたどり着いた人々は、古代エジプト人ではないかという仮説があります。

「じゃあ、その証拠はどこにあるのか?」ということになると、「ニューグレンジ」や「タラの丘」に行ってみると、わかるかもしれませんね。因みに「ニューグレンジ」の古代遺跡は、エジプトのピラミッドよりも古いのです。6000年も前です。さらに、「タラの丘」に行けば、よくわかります。

古代ケルト(古代のアイリッシュ)、すなわち古代エジプト人の子孫たちが「ファラオの儀式」を行なうときには、‘The Stone of Destiny’(運命の石)を用いました。アイルランドの王の王位継承の儀式には必ず、その「運命の石」の上に座るという儀式がとり行なわれました。このような儀式伝承の源は、古代エジプトです。こういった古代ケルトの儀式に使われたビーズなどの装飾品も含めて儀式の風習は、古代エジプトのものとそっくり似ています。

私はスコットランドで生まれましたが、私の母はアイルランド人ですので、アイルランド国籍も持っています。今日となって、イギリス人はアイルランド共和国のパスポートをどれほど欲しがっているか、ご存じでしょうか? その理由がわかりますか?
イギリスは、すでにEUから脱退したからです。アイルランドの国籍が欲しいのは、アイルランドはまだEUのメンバーだからです。

いかがでしょうか? アイルランドと古代エジプトのつながり。こういうことも含めて、そして、ローナ・バーンさんを通して、天使コネクションを深めるために、今年7月30日から約一週間私たちはアイルランドを訪ねることになりました!

◎エハン・デラヴィ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆動画☆エハン・デラヴィ「ローナの臨死体験」☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『アイルランドの天使に出会う旅』で天使コンタクトを手ほどきしてくれるローナ・バーンさんは、愛する赤ちゃんと天国に行くという体験をしたそうです。
その臨死体験についてを、エハン・デラヴィさんの通訳でご紹介した動画です。
ローナさんは、体験の中で「天国にいる方が、愛する人の為に広範囲に行動できる」と思ったそうです。これは興味深いですね! ローナさんがどのような臨死体験をされたのか、是非、動画でご覧になってみてください。

そして、「何故、天国にいる方が、愛する人の為に広範囲に行動できるか?」その答えを知りたいと思った方は、是非、アイルランドのツアーに参加されてみては如何でしょうか?☆彡

●動画「ローナ・バーンの臨死体験と天使」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆2月5日(月)エハン・デラヴィ スピリチュアルTV出演☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来たる2月5日(月)に岩渕裕一さんこと「ぶちの気ままトーク」にエハンさんが出演されます。
「気ままトーク」なので、何が出るかは当日のお楽しみ♪
クリスマスプレゼントの箱を開けるような気分で、お待ちくださいませ。

◆スピリチュアルTV
◆2月5日(月) 20:00~22:00
「ぶちの気ままトーク」
 コメンテーター:岩渕裕一
 ゲスト:エハン・デラヴィ

 http://spiritual-tv.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆Earthling FoundationのサイトOPEN!☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日1月23日(火)、Earthling FoundationのサイトがOPENしました。

http://earthling-jp.org/index.html

「ブログさえ下火でSNSが中心の時代なのに、今時サイト?」
いえいえ。ネットが普及した際に「紙媒体の書籍は消える」と言われていたのに未だに残っているのと同じで、サイトも「残る理由」があるのです。
それは、「充実した記事が、整理した状態で読める」ということ。
ブログでは日数が経てばすぐに埋もれてしまいますが、サイトでは「コンテンツ」としていつでもすぐに読むことが出来るのです。

このサイトでは、非常に読みごたえがある記事が掲載されています。
エハンさんが「アースリング」と「アーシング普及活動」にかける情熱が、この記事から伝わって来ます。

【Earthling Foundationにおける活動主旨とヴィジョン】
http://earthling-jp.org/vision.html

【6月1日公開 ドキュメンタリー映画「アースリング」について】
http://earthling-jp.org/documentary-about.html

そして、いつ「新しい記事」がUPされているかが分からないのもサイト☆彡
皆様、マメに要チェックですv

◎ブログもオープンしました◎
https://ameblo.jp/earthling-foundation-jp/
※毎日更新予定※(時間は不規則;)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆「アーシング活動を広げよう」Facebookグループ立ち上げ☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本全国に「アーシング活動」を広げるため、Facebookグループを立ち上げました。

https://www.facebook.com/groups/553040798397857/

こちらでは、日本全国各地で「アーシング普及活動」にご協力頂いている皆さん、および「アーシングに興味がある」方にご参加いただき、ご自身がアーシングしている写真や動画、レポートなどを投稿して頂いております。

冒頭で「今回のテーマは『繋がる』」と申しましたが、アーシングはまさに「地球と繋がるツール」です。
大地と繋がり、天と繋がる。
両者と繋がってこそ、「真の地球人」になれるのかもしれません。

これからの時代、「2人に1人は真の地球人」と呼ばれる時代にしてみませんか?←「2人に1人はがんの時代」をもじってみました。
そしていつしか──人類みなが、真の地球人になれることを目指して。
そうなった時にはきっと、戦争はおろか国境さえもなくなっているかもしれません。

大地がひとつであるように。
私達人類は地球から生まれた自然の一部で、みなが「ひとつ」であることに気づける──そんな時代が来ることを願って。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆セミナーのお知らせ☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆愛知ソニア「魔法実践アカデメイア」

さて、今回は「神さまとつながる白魔女の魔法実践アカデメイア<基礎コース>」の第二回目となります。
白魔法は、日常の折々で使って行きながら、人生をよりよくアレンジメントすることが出来るものです。
それと同時に、月の動きや季節の働きといった「地球や宇宙と連動して生きる」ことも意識することが出来ます。
皆様も是非、神さまと繋がって、人生をよりよくアレンジメントしてみませんか?

◇講師:愛知ソニア
◇日程:2018年3月2日(金)3(土)4(日) 10:00~16:00
◇受講料:138,000円(税込)
◇定員:19名様
◇会場:北とぴあ 東京都北区王子1丁目11?1
 会場アクセス:http://www.hokutopia.jp/access/

※受講料には、個人セッション、グリモワール用のノートと分身魔女制作材料費が含まれています。
※セミナーの詳細・持ち物などに関しましては参加者に個別にご案内申し上げます。

「魔法実践アカデメイア」についての詳細、およびお申し込みは下記をご参照ください。

お申込み「こちら」

─────────────────────
(終了しました! ご参加下さった皆様、ありがとうございました!)
◆エハン・デラヴィ「RV(リモート・ヴューイング)」

来たる2月3日(土)東京林野会館にて、エハン・デラヴィさんの「RV(リモート・ヴューイング)1日体験セミナーが行われます。
RVの特徴は、右脳と左脳を「両方活性化」させることにあります。

皆様、普段の生活では主に左脳をお使いかと思いますが、これからの時代、直観を鍛えておくのはとても大切なことです。
その直観をキャッチしてくれる人間の臓器こそが、この「右脳」と言えるのです。

RVは決して超能力とかそういったものではなく、「誰もが持っているけれども、普段は『眠ってしまっている能力』」と言うことが出来ます。
日本人は本来、右脳によって「直観」を得ることが得意でした。「虫の知らせ」とも言いますが、何か出来事が起こるのを事前にキャッチしたり、或いは武士が目隠しをした状態で敵からの攻撃を避けるなど、これらもすべて「右脳の働き」です。
RVは、まさしくそうした「眠った能力」を呼び起こし、実生活に活用していくという素晴らしい力なのです。

ぜひ、皆様も右脳の活性化を学んでみては如何ですか?

◆講師:エハン・デラヴィ
◆日程:2018年2月3日(土) 9:00~17:00
◆受講料:リモート・ヴューイング初めての方:42,000円(税込)/リモート・ヴューイング再受講の方:22,000円(税込)
◆定員:30名様
◆会場:林野会館 東京都文京区大塚3丁目28番7号
 会場アクセス:http://rinyakaikan.or.jp/access/

★配信停止のご希望は、大変お手数をおかけいたしますが info@earthling-jp.org までご一報をお願いいたします。
 コメントは「配信停止希望」のみで大丈夫です。

●◎─────────────────◎●
【発行元】
 一般社団法人Earthling Foundation 
http://earthling-jp.org/
【発行者】
 代表理事      エハン・デラヴィ
 アドバイザー    愛知ソニア
 メルマガ発行責任者 篠崎由羅

 連絡先 info@earthling-jp.org
●◎─────────────────◎●


ページのトップへ戻る